ズボラな私でも手帳が続けられたコツ公開。おすすめの手帳術の本も

広告

f:id:shinya-no-ringosawagi:20180325162948j:plain

こんにちは、りんご🍏 (@ringo_sawagi) です。


「手帳を買っても、真っ白なまま」
「書いても最初の1ヶ月しか続かない・・・」


今度こそ、手帳をちゃんと使いこなしたいのに!

そんな風に思ったことありませんか?

その気持ち、痛いほど分かります。わたしもそうでした(;ω;)


この記事では、わたしが手帳を続けられるキッカケになった本と、手帳を続けるためのコツをご紹介していきます!


手帳が続かない人に、おすすめの本!




色んな手帳術の本を読みましたが、『手帳という武器をカバンにしのばせよう』が一番役に立ちました!

手帳の選び方から書き方のルールなど、具体的な方法がたくさん提案されてるんです♪


その中でも特に役立ったポイントと、私なりに生み出した手帳を続けるコツを紹介していきます(・ω・)ノ

手帳はマンスリー+バーチカルのタイプがおすすめ


マンスリーだけだと「友達とBBQする」とか「ライブに行く」などの、ばくっとした大きな予定しか書き込めません。

ぶっちゃけ、それだけならスマホで十分


その点、バーチカルは一週間単位で予定を把握することが出来て、書くスペースがたっぷりあります。

f:id:shinya-no-ringosawagi:20180325160423j:plain
わたしは『ジブン手帳』を使ってますが、書きやすくておすすめですよ~

参考記事>私がほぼ日手帳からジブン手帳に乗り換えた理由

手帳に書くことは、4つに色分けする!


f:id:shinya-no-ringosawagi:20180325164410j:plain

手帳に書く際のルールをあらかじめ決めとくと、書くときに迷いがなくなって一気に手帳に書くのがラクに!

手帳に書くことはおおまかに4つに分類されます。

その4つの事柄に対して、あらかじめ色分けを決めておきます。


①仕事の予定→青
②プライベートの予定→緑
③健康管理の予定→赤
④雑事→黒


例えば、

①11時から会議の予定→青
②友達とのお花見の予定→緑
③歯医者に予約→赤
④洋服の取れたボタンを縫う→黒

といった具合!

4色ボールペンを持っておくと便利ですよ~


手帳をパッと開いた時に、色分けされてると予定も把握しやすいしおすすめです。


特に赤の予定は目につきやすいので、忘れがちな歯医者の予約だってバッチリ!


参考記事>ジブン手帳におすすめのペン・グッズ紹介!

手帳タイムを毎日1分でいいから作る!


わたしなりに生み出した方法なんですが、毎日目にする場所に手帳をひらいた状態で置いておくのかなりおすすめ!


わたしの場合は、会社のノートパソコンの間に挟んでます。
(手帳は会社に置いてて家にないから、文庫本で再現)こんな感じ☟

f:id:shinya-no-ringosawagi:20180325113050j:plain

こうしておくと否が応でも目につくので笑、手帳を使う習慣がつきます。

ノートパソコンの電源をつけている間に、手帳に昨日のヒトコト日記を書いたり、その日に終わらせたいことを箇条書きで書き込んでいきます。

手帳をひらくクセをつけちゃえばこっちのモン!



歯磨きや朝のコーヒーのように、どんどん習慣づいていきます!


座って通勤できる人は、電車の中で手帳を開くのもおすすめですよー。


「隣の人に見られない・・?」って思ったあなた。

大丈夫。隣の人はたいていスマホゲームに夢中です←

特別なことを書く必要ナシ!ささいな日常を記録しよう


手帳が続かない人の悩みとして、「何を書いていいか分からない」というのがありませんか?


わたしは大体、以下の事を書いてます。

●その日の仕事の予定
●その日食べたモノ
●睡眠時間
●ヒトコト日記

とりとめもない日常でOK

特にヒトコト日記はおすすめです。
もやもやした事も全部書きなぐると、ちょっと心がスカッとします。



過去の手帳を見返したら「怒」ってヒトコト書いてあるだけの、闇が深いページもありました(^O^)

1年の目標を達成させる手帳術


本にも書いてあることですが、手帳は予定管理だけでなく、1年の目標を叶えるためにも有効なもの。


「新年に立てた目標って結局達成できない・・・。というか、目標覚えてない・・・。」


なんてことありませんか?私はありまくりでした。



まず、目標は心の中で思い浮かべておくだけではダメ。

きちんと手帳に文字として書いて「見える化」しておきましょう。


f:id:shinya-no-ringosawagi:20180325153026j:plain

そして、1年の目標を叶えるための具体的な方法を、1ヶ月単位、1週間単位で落とし込んでいきます。


例えば、

『1年で英語の本12冊読む』のが目標だとしたら

①1ヶ月で1冊読むのが目標
②1週間で30ページ読むのが目標


といった具合に、どんどん目標を細分化していくんです。


そうすると「今週は全然読めなかったから、来週はちょっと多く読もう」とか、具体的な目標を立てやすくなります~!


1年の目標を実現する手帳術

●1年の目標を1か月単位に落とす⇒マンスリーに書く

●1ヶ月の目標を1週間単位に落とす⇒バーチカルに書く



貯金とかダイエットの目標にも応用できておすすめ。


まとめ 手帳は人生を戦略的に生きるためのアイテム!



30年生きて分かったのですが、まじで時間の流れって本当に一瞬。

1年とかマジ光の速さなワケです。
ウソでしょ?もう次の年来た?ちょ、お前、来るの早くない?ってな感じ。


だから「いつか叶えよう」と思ってる目標は、今から即・行動するべき。



「いずれは、英語話せるようになりたい」とか、
「いずれは、痩せてショートパンツはきたい」とか、
「いずれは、小説書きたい」とか。


その「いずれ」を叶えるための具体的な計画を立てるためにも、手帳はとっても有効的なアイテム!


本のタイトルのとおり、ほんと手帳って『人生の武器』になるんだなーって思いました。



今年こそは手帳を使い切りたい!と思ってる方はぜひ参考にしてみてください(^_^)


おわりっ🍏

<