深夜のりんご騒ぎ

働くアラサーの女です。何でもありな雑記ブログです。

【予約必須!】京都『喜心』で食べる超絶おいしい朝ごはん

こんにちは、りんご🍏です。

先日、京都に遊びに行ってきました。
安さ重視でビジネスホテルにして朝食・夕食を付けなかったので、 ご飯どころは事前に入念にチェック!
なかでも、一番楽しみにしてたのが朝ごはんの名店『喜心』! ここが超良かった!!!超美味しかった!!(語彙力)

和食の朝ごはんが食べられる『喜心(きしん)』は、こんな素敵なところ


f:id:shinya-no-ringosawagi:20171126164216j:plain Fujicamで撮影

公式ホームページを見てもらうと分かると思うんですが、画面上からでもおいしそうな感じがビシバシ伝わってきます!

お店へのアクセスは、電車で行く場合は祇園四条駅で降りて徒歩10分。わたしはバスで行ったのですが、「祇園」で降りて5分ほど歩いて到着!土地勘がなくても迷わず辿り着くことが出来ましたよー。


『喜心』の営業時間は、朝7:30~14:50まで。早めの予約が吉!


予約は、時間ごとに区切られていて5枠あります。

第一枠: 07:30 - 08:50
第二枠: 09:00 - 10:20
第三枠: 10:30 - 11:50
第四枠: 12:00 - 13:20
第五枠: 13:30 - 14:50

わたしは行く一週間前に電話して、「金曜か土曜どっちか空いてませんか?」と聞いたところ金曜は空いてましたが、土曜はもう予約でいっぱいでした。
平日に行く場合は、予約は一週間前でも大丈夫そうですが、土日に行く場合は1ヶ月前くらいから予約した方がいいかと!
他のお客さんが「最近ぜんぜん予約取れなくて、やっと今日取れた」とおっしゃってました。

店内はカウンター10席にテーブルが2席。ひとり旅でも入りやすい ♪


こじんまりとした落ち着いた空間です。ご夫婦や友達同士はもちろん、ひとりでいらっしゃってる方もいました。わたしは友達と行きましたが、ひとりでも入りやすいお店だなー、と思いました。

小さなお子様連れの方はいませんでしたが、テーブル席なら家族連れでも大丈夫そうです。

『喜心』の朝食メニューはこんな感じ!


朝食はコースになっていて、ひとり2500円です!なかなか贅沢な朝ごはんですなー。
コースの料理以外にも、追加の一品料理もあります。お酒も数種類用意されてました。朝から日本酒とかいい1日のはじまりって感じ!

まず最初に出てくるのが、オリーブオイルとわさびで食べる湯葉


f:id:shinya-no-ringosawagi:20171126172400j:plain
湯葉は北海道産の大豆を使用しているそうです。これ、舌触りが超なめらかっ!オリーブオイルもわさびも主張しすぎず、しっかり素材の味を楽しめます!

好みの器で食べる土鍋ごはんは絶品


白米を食べる前に、数種類の中からじぶんの気に入った器を選ばせてもらえます!

わたしが選んだ器はこちら。
f:id:shinya-no-ringosawagi:20171126172601j:plain

じぶんで選んだ器、愛着が湧きます。うふふ。かわいい。

そしてその器に、土鍋で炊いたごはんがイン! f:id:shinya-no-ringosawagi:20171126172647j:plain



あ、今あなたこう思いましたね。



ご飯の量、少なくね?と。


わたしも内心ドキドキでした。「まさかこれで終わりじゃないよね?これだけじゃ絶対足りない・・・」と。

そんな心配をしていたら、お店のお姉さんが「蒸らす前の炊き立てのごはんを味わってみてください。ご飯はおかわりできますから言ってくださいね」と笑顔で言ってくれました(ヨカッター!)

炊き立てのご飯は、粒の外側はしっかり硬いけど中がふわっとやわらかい!おかずなしでも余裕で食べられちゃうおいしさです。


カブのお漬物も一緒に出てくるのですが、塩気が控えめで野菜本来の味が楽しめます。
いつもスーパーで買う漬物と全然違うなぁ・・と思いました。笑

汁物は3種類の中からチョイス。京白味噌の豚汁が超絶おすすめ!


わたしが行った時、汁物のラインナップはこんな感じ。

・京味噌の豚汁
・野菜のポトフ風
・海鮮の和風トマトスープ

やはり京味噌の豚汁を頼んでるお客さんが多かったです。わたしも迷うことなく、そちらをチョイス!

f:id:shinya-no-ringosawagi:20171126174742j:plain


この豚汁が、めちゃくちゃ美味しかった・・・!今まで食べた豚汁の中で一番うまかった・・・!

京味噌のやさしい甘さの上に、からしと柚子、コショウの絡みが絶妙。豚は熟成豚で味がしっかり染み込んでて、かめばかむほど味がしみだしてウマイッ!大きな大根はホロッホロ。冬の京都は寒いけれど、芯までほっこり温まる・・・。あー幸せだった。
f:id:shinya-no-ringosawagi:20171126180109j:plain

うるめいわしの丸干し


f:id:shinya-no-ringosawagi:20171126182326j:plain あまり魚好きではないわたしには、ちょうどよいサイズ感笑。ちいさめのいわしを2匹いただきます。ちょっと苦味があって大人な味がします!

追加で頼んだ卵で、卵かけごはん!


コース以外の追加料理には、卵や焼きのりがあります。
ほかにも、揚げたジャガイモの一品料理などもありました。

卵は一個350円!いいお値段しますな。
けど、卵かけごはんの魅力にはあらがえないので、おとなしく頼む。。

f:id:shinya-no-ringosawagi:20171126181403j:plain
お姉さんに「卵かけご飯お願いします」っていうと、卵白を入れないように卵黄だけを丁寧にのせてくれます!

この時点で、ご飯のおかわりは3杯目。 けっこうお腹いっぱいになってましたが、卵かけごはんは別腹!濃厚な卵がごはんとよく絡まって最っ高でした。

最後は、おこげをお塩でいただきます


おこげはカリカリで、おせんべいみたいでした。
(何か小学生みたいな感想になってしまった)

和のデザートみたいな感じですね。おこげでシメて、コースは終了!

お腹いっぱいで大満足!お姉さんたちがみんなやさしい。そして美しい。


普段はご飯を食べる時間も30分以内で、スマホを見ながら食べちゃうこともあるわたし。(お行儀悪いですね。。)
一品一品お料理の説明をきちんと聞いて味わって食べると、お腹が満たされるのはもちろん、ココロまで満たされていくのを感じました。なんというか、食が豊かだと幸福感がヤバい。人にやさしくしたくなる感じ。
お値段はけっしてお手頃ではないですけど、ほんとおすすめです!


そして、お店のお姉さんたちがとにかく美しいんです。皆さん肌がつるつるで、内側から発光してるかんじ。そんな美人さんたちが作る料理、、美味しいに決まってます。そして、お姉さんたちが本当に嬉しそうに料理の説明をしてるのを見てると、「この食材たちは素晴らしいものなんだな」って素直に思えます。



結論。美人最高。


京都に遊び行く際には、是非立ち寄ってみてくださいー!
おいしい朝ごはんを食べたあとは、すぐ近くにあるフォーエバー現代美術館に行って、満たされたココロで芸術を愛でましょう♪


おわりっ🍏