深夜のりんご騒ぎ

深夜のりんご騒ぎ

コピーライターやってるアラサーの女です。何でもありな雑記ブログです。

【買って良かった!】ローラ プロデュースの練り香水がめちゃくちゃ重宝する件。

やっほー。りんご🍏 (@ringo_sawagi) です。

 

買ってよかったモノ勝手に紹介シリーズ!

第1弾はとっても女子らしいアイテムのこちら。じゃじゃん!

 

f:id:shinya-no-ringosawagi:20170706215730j:plain

 

ぬこちゃんがかわいい♡

これ、リップじゃないんです。

スティックタイプの練り香水なんです!

 

 

 

ヴァシリーサというブランドのもので、ローラがプロデュースした商品です。

(関係ないけど、ヴァシリーサってブランド名覚えづらい・・・。何回聞いてもヴェリーサって言っちゃう)

 

 

香りは全部で5種類。

f:id:shinya-no-ringosawagi:20170706220129p:plain

(ヴァシリーサ公式サイトより)

 

う~ん、どれもかわいい!

 

この練り香水がめちゃくちゃ重宝するんです!!!

 

 

ポケットに入れて持ち運べる!いつでも香りが付け足せる!

 

 

通常の液タイプの香水だと、朝つけても15時頃には香り消えてません?

でも、香水を持ち歩くのは邪魔になるからイヤだし・・・。

 

そんなあなたに、練り香水ですよ!

 

わたしはいつも、朝塗ったあとお洋服のポケットに入れて持ち歩いてます。

パッケージが紙素材で出来てて軽くて小っちゃいから、ポケットに入れても全然邪魔にならないんです。

通常の香水と違って、液モレの心配もナシ!

 

 

打ち合わせで人と会う前とかに、ささっと取り出して手首に塗ったりしてます。

 

イケメンに会う時は、首筋にも塗って香り増しましでいきます←

 

 

練り香水だから、香りの量をカンタンに調整できるのも良いところ◎

 

持ってるだけで女子力が高くなる(気がする)かわいさ!

 

ローラプロデュースなだけあって、パッケージがほんとカワイイです。

 

お花のイラストじゃなくて、動物のイラストを持ってくるところが「さすが!」って感じ。水彩画っぽいタッチもやさしい雰囲気で癒される~。

 

f:id:shinya-no-ringosawagi:20170706233335p:plain

(ヴァシリーサ公式サイトより)

 

女子ってこういうカワイイ小物を持つことが地味に日々の幸せに効くと思うんです。

高いお金をかけてネイルするのだって、パソコンを打つ手をかわいくして仕事中のテンションを上げたいからだし。(別に男子のためにやってるのではない)

 

【女子にとってカワイイはパワーになる。】 

 

だから、カワイイと思ったものはバンバン買っちゃっていいんです!

幸せになるための自己投資!

 

 

自己投資だってば!

 

まとめ 

わたしが買ったお店では全種類テスターがついてたんですけど、マジでどれも良い香りです。ガチで。

 

「香りでは選べない!」と思ったので、一番好きな動物のネコちゃんにしました。

気になるお値段は、1600円ほど。

通常の香水を買うよりは、だいぶおトクです。

 

プラザとかロフトで売ってると思うので、ぜひ手に取ってみてください~♪

 

 

おわりっ🍏

『ララランド』と『秒速5センチメートル』は似てるのか?

どーも、りんご🍏 (@ringo_sawagi) です。

 

とあるところで、『ララランド』と『秒速5センチメートル』が
似てるという説を聞きました。

 

秒速5センチメートル

秒速5センチメートル

 

 


わたしは『ララランド』から入った人で、この作品はそれなりに、いや結構、

というか映画館で2回観たほど 楽しめたっ!


それならば、似てると言われてる『秒速5センチメートル』も観てみようじゃないか!と思い至ったのです。


結果・・・
全然似てなくない?

確かに、ちょこっと似た所はあるかもしれないけど、根本的には全然違う物語だと思った。

 

※ココからがんがんネタバレしてくので、
まだ観てない人はお気をつけて!

 

 

 

『ララランド』と『秒速5センチメートル』が、「似てる」と言われる点はどこ?

男はロマンチスト。女はリアリスト。

 

よく「男の恋は新規保存。女の恋は上書き保存。」と言いますよね。

それはどちらの作品にも通じる所だなー、と思いました。

 

『ララランド』も『秒速5センチメートル』も、主人公との関係が終わった後、女性の方はサクッと次の恋に進んでいる。

一方、男性の方は過去の恋をそれはそれは大事な宝物のように想っている。

チャゼル監督も新海監督もどちらも男性の監督だけれども、過去に女性の切り替えの早さを間の当たりにしたことがあるんでしょうね。。。

「え、まじ?あいつもう彼氏できたの?」みたいな。

 

ラストの音楽バンザイ!な演出

 

〇『ララランド』では、ラストに「もし、あの時こうだったら・・・」という夢の世界を、作り物っぽい舞台劇の中で音楽に乗せて描いていく。
そして、最後は現実世界に戻りミアとセブが目を合わせて終わり。

 


〇『秒速5センチメートル』では、すれ違っていく2人の過去から現在を山崎まさよしの曲に乗せて、まるでPVかのように描いていく。
そして、最後は遠野くんは振り返るけれど 明里ちゃんは振り返ることなく、2人の目は合わずに終わり。

 


あえてセリフなどでは心情を語らず、音楽と美しい映像で「これでもか!」って右脳に訴えかけてくる演出は似てる。


だけど、最後の目が合うか 合わないかでこの2つの作品は決定的に違うものでは?と思いました。

 

2つの作品が似てない決定的な点

『ララランド』は2人の物語。『秒速5センチメートル』は遠野くんのひとりの物語。

〇『ララランド』は、ミアとセブ以外の人が全然印象に残らないよね!っていうくらい、徹底的に2人を中心にした物語になってる。

「どっちが主人公?」って聞かれたら「ミアとセブの2人」って答えるしかないくらい、どちらの視点に寄るわけでもなく2人の物語として描かれている。

だから、最後ミアとセブは一瞬でも目を合わせてこころが通じ合う。

 

 

〇『秒速5センチメートル』の主人公は、間違いなく遠野くん。

遠野くんの想い人である明里ちゃんの心情は、遠野くんを通してしか見ることができない。

2人の恋物語がメインというわけではなく、中高生の頃の繊細な男子のモンモンとした心の内を丁寧に描いている印象。

遠野くんひとりの物語だからこそ、最後も明里ちゃんと目が合わない演出だったのでは?

 

 

『ララランド』は『耳をすませば』の聖司くんと雫の十年後?

『ララランド』の“夢追い人”というテーマから、わたしは『秒速5センチメートル』よりジブリの『耳をすませば』をパッと思い出した。

 

 

耳をすませば [DVD]

耳をすませば [DVD]

 

 

みなさんご存じの通り、聖司くんはバイオリン職人を目指し、そんな姿に触発された雫は小説を書いてみようと奮起する。

 

 

『ララランド』ではミアは女優を目指し、セブは自分の店を持つという夢を持っている。そして、その夢を叶えるために 2人は別々の道を歩むことになる・・・。

 

夢は2人の絆を強くしてくれるものでもあるけれど、時に2人を別つものにもなる。

 

耳をすませば』ではハッピーエンドで終わるけれど、あれから何年か経ったあとの聖司くんと雫はミアとセブのような2人になってるかもしれない。

 

そりゃ!わたしだって聖司くんと雫には本当に結婚してほしいけど、聖司くんはまたバイオリン留学して遠距離恋愛になっちゃうし、そんな時に大学生になった雫が色んな新しい男性と出会って(文芸サークルの先輩とかさぁ)聖司くんは聖司くんで超美人のバイオリニストなんかに気に入られちゃったりして・・・。

 

 

何か書いててかなしくなってきたぞ。もうやめよう。

 

まとめ

 つらつらと書いてきたけど、最後に言いたいことはひとつ。

 

『ララランド』のサントラは本当最高だよ。

Ost: La La Land

Ost: La La Land

 

 

映画観た日に、ソッコー買いました。

これ聴きながら掃除とかお皿洗いとかやると、めっちゃはかどる!

 

♪~ダ、ダ、ダーラ、ダ、ダ、ダーラ

 

このリズムが流れ出すと、自然と体が踊るようにキビキビと動き出します。

おすすめです。ぜひやってみて下さい。

 

 

 

おわりっ🍏

オッサン化してる女子は今すぐ観るべき!ドラマ『女の勲章』

こんにちは。りんご🍏です。

 

だいぶ前に観たドラマだけど、ずーーーっとブログに書きたいと思っていた『女の勲章』!

 

f:id:shinya-no-ringosawagi:20170629222501p:plain

(フジテレビ公式サイトより) 

 

原作は山崎豊子さん。

観てから2か月近く経ってるけど、いまだにドキドキ・モヤモヤと魚の骨みたいにずっと心に刺さってる。

 

ちなみに視聴率は第一夜が8.1%、第二夜が6.2%とあまり高くなかったご様子。

 

正直、納得いかんとです!

 

ネットの記事でも「大コケ!」とか書かれてるのを読むたび、「はぁ!?」とイラついてたわたし。

役者の演技も素晴らしかったし、音楽や演出も良かったし、もっと評価されて然るべきドラマだと思う! 

 

ということで、大コケとかほざくマスメディアに対抗すべく、このドラマの魅力をわたくしなりにお伝えしていきます。

(ネタバレしない程度に!)

 

『女の勲章』をすべての女子が観るべき理由

その1.とにかくビジュアルが美しすぎる。ビバ目の保養。

 

物語の舞台は、1950年代の戦後の大阪。

 

これからは婦人服の時代がくると睨んだ式子(松嶋菜々子)が、洋裁教室を開き ファッションデザイナーとしての成功を目指していくというもの。

 

ファッションデザイナーのお話ということもあって、出てくるお洋服がめちゃくちゃかわいいんです!

 

f:id:shinya-no-ringosawagi:20171006225919j:plain

 

f:id:shinya-no-ringosawagi:20170702151622p:plain

f:id:shinya-no-ringosawagi:20171007102300j:plain

f:id:shinya-no-ringosawagi:20171007102648j:plain

(すべてフジテレビ公式サイトより) 

 

ね。どれも最高すぎません?

 

色使いとかお洋服のシルエット全部がかわいい!

昔って帽子を合わせるコーディネートが主流で、レトロ好きなわたしにはツボでした。

 

 

「次の式子先生はどんな格好するんだろ?」ってワクワクするくらい、ファッションを観てるだけでも充分楽しめちゃう作品です。

 

相武紗季ミムラも木南ちゃんもみんな可愛くて似合ってたけど、松嶋菜々子はやはり別格のたたまずまいといったところ。

 

スタイルが良くて背筋がスッと伸びてて気品があって・・・まさに女王の風格。

“洋服を着こなす”ってこういう事を言うんだなぁと思いました。

 

そんな中でも一番好きなお洋服はこちら☟

f:id:shinya-no-ringosawagi:20171006230116j:plain

(フジテレビ公式サイトより) 

 

まじ美しい・・・。目の保養だわ~・・・。

 

このお洋服は物語の中でも重要なシーンで着てるもの。それも相まって印象深い一着です。

 

やはりウエディングドレスとかもそうだけど、白って女性を一番キレイに見せてくれる色なのかもなぁ。

これを着てる式子先生は、そりゃあ息を飲むほどの美しさですた(´Д`)

 

 

全然ファッションと関係ないけど、松嶋菜々子さんって声もかわいいよね。

  

その2.玉木宏の色気がダダ漏れすぎる。

 

f:id:shinya-no-ringosawagi:20170702152216p:plain

(フジテレビ公式サイトより) 

 

・・・これを書きたいがために、このブログを作ったと言っても過言ではないっ!

 

 

このドラマの一番の見どころ。

 

玉木宏の色気がドえりゃあことになってるんですよ!!

 

 

ほんとこれ、玉木宏さんのアタリ役だと思う!

 

色気がありすぎて、観てるだけで女性ホルモンがわっしょいわっしょい!!活性化すること間違いなしです。

 

 

見てください!この目つきと手つき!いやらしい!

f:id:shinya-no-ringosawagi:20170702152423p:plain

f:id:shinya-no-ringosawagi:20170702160724p:plain

f:id:shinya-no-ringosawagi:20171006230237j:plain

(すべてフジテレビ公式サイトより) 

 

彼の役どころは、銀四郎っていう自分の野心を実現するためなら手段を選ばない男。 

 

ただの女好きなキャラじゃなくて、自分の欲望を叶えるための手段として女をつぎつぎ抱いてくところが、冷たい色気があってイイ。←

 

特に「これはッ!」って思ったシーンが、銀四郎と式子が一夜を共にした次の日の朝、銀四郎がみんなに気づかれないように式子の背中をそっと撫でるところ。

 

 

いっやらしいわー!!!たまんないよねっ!!最高っ!

 

ほんとにほんとに玉木宏の色気がエグイから、「最近じぶんオッサン化してるかも。。」って思ってる女子は今すぐ観るべき!

 

玉木宏は女子を救ってくれる!

 

もう1回言おう!せーのっ!

 

玉木宏は女子を救ってくれる!!! 

 

 

⇒調べたところ、まだDVD&ブルーレイ化されてないみたいですね。。でも女子のみなさん安心してください!FODで今すぐ観れます!

 

 

その3.原作とは違うラストが良すぎる。

 賛否両論あるところだと思うけど、原作とは違うドラマオリジナルのラスト、とても良かったと思う。

 

原作のままだとあまりにも救いがないというか暗い気持ちになるというか。。。

ドラマのラストでは、いつも冷徹で策士な銀四郎の ありのままの素直なこころに触れることが出来て、こっちまで思わず涙してしまった(´;ω;`)

 

そして、式子先生の名セリフ。

「あなたには勝たせない」

 

あぁ。。。勝気な美女って最高だよ。。。大好き。

 

このドラマは式子と銀四郎の、どっちが勝つか負けるかの命懸けの愛の物語だったんだなぁと思いました。 (クサいこと言っちゃった照)

 

まとめ

この作品のキャッチコピーは、「気高く咲いて、散れ」

 

まさにその言葉のとおり、式子先生の気高い生き様を堪能できる作品でした。

 

あと、BGMの音楽がドラマの雰囲気をより高貴なものに仕立てあげてて、すごい良かったー!(まどマギに似てるとネット上で話題になってたけど)

 

ぜひ観てみてください。女子のみなさん、ほんとにほんとにおすすめですよ!

 

 

おわりっ🍏